about - この世界のこと -

ようこそ。

竜と言われると、何を思い浮かべますか?

硬い鱗、大きな翼、長い尻尾。とても恐ろしくて、人間とは相容れない。そう思いますか?

実は、彼らには尻尾もなければ翼もなく、鱗もない。
それでも、絵本の中の彼らと違わず、とても強い力を持っているのです。

シャノン=グラシア - Shannon Gracia -

北区領主家系の竜。

雪国からやってきた超寒がり。口が悪くガラも悪い。
持ち前の腕力を生かした大剣の一撃は、他の二人を遥かに凌ぐ攻撃力を誇る。
少年のような『女の子』。

銀色の髪と黄色の瞳がチャームポイント。甘いもの苦手だけどマカロンは別。
1月1日生まれの山羊座A(-)型。左利き。

ロイド=アルベルト - Loyd Albert -

西区領主家系の竜。

遥か昔、極東の島国からやって来た外来貴族の末裔。
ハヤブサの飛行速度で駆け抜ける機動力を誇る。
刀の扱いは一流で3人の中は愚か組織内でも最強と謳われる。

甘党で大食い。でもとても華奢。丁寧な物言いのようで実際は辛辣。
11月22日生まれ。蠍座0型。体型を指摘するとめっちゃキレる。

藤咲 - Fujisaki or B.F -

本名および出身地不明。おそらく中央竜。

3人のムードメーカー。色々非公開でだいぶ怪しい。でも人柄はよく人望はある。
ちょっとやそっとじゃ倒れない頑丈な身体を持つ。
見た目に反して細剣を用いたアクロバディックな戦闘をする。

おおらかであまり怒らない。他の2人から雑に扱われる。
コーヒーが大好きで毎朝豆を挽いて飲む。長身筋肉質のがっしり体型。

竜(cid)=シド。

竜の化身と言われる人とは違った種族。北、西、中央、東、そして南の5つの民族に分けられ、領主の家系は取り分けて強力な力を持つ。 それぞれ突出した能力があり、北竜は怪力、西竜は機動力、央竜は頑丈な体を持っている。
戦闘種族であるため、少年期〜成年までの期間が短い。

最も戦闘に適したヒトで言う20代半ばの外見で成長が止まる。成長したシドの回復力は凄まじく、内臓だろうと臓器であろうと数日〜数ヶ月で傷跡もなく完治する。

寿命が近づくと一気に老化し、老化が始まると1年ほどで死亡するが、寿命いっぱい生きるシドは稀。

領主

5つの地区を統治する竜。ヒトも竜も同じ地区で暮らしているが、治めているのは歴史的背景から竜の家系。
王政時代国王だった南区の領主が特に優れたシドを領主とし、5つの地区を統治させた。西区領主はこのとき招かれた外来貴族。

住人(wraith)=レイス

負の感情を元に成長する化け物。通常ヒトには見えず、シドでしかその存在を感知することはできない。ヒトやシドの魂を食べて力を得る。
ヒトより情報が濃いシドの魂はその成長を促進させるようで、力をつけた住人たちはより身体能力の高いシドの魂を求める傾向にある。

大抵のものは小さく四足歩行の動物の姿をしているが、巨大な力を持つものは翼を持つ鳥の姿をしている。
「翼を持つもの」は並大抵のシドでは渡り合うことができない。

国立図書館ベルツアルテ

多くの歴史書を所蔵する国内最大の図書館。

表向きは本の貸出はもちろん、歴史の中心であった南区からの書物を回収、保管する機関だが、
住人関係の事件を扱う治安維持部隊「カンペアドール」としての側面も持つ。
多くのシドはここに就職する。

アンヘル

住人が何らかの要因により更に強大な力を手に入れ、ヒトと同じ姿を得た存在。白い服に黒い布をあしらった装束を纏う。
意思疎通も可能で見た目ではヒトとほぼ変わらないが、自然には存在し得ない髪色を持つものもいる。

ångelの名が示すとおり、彼らはこの国に伝わる7人の天使にあやかった名前を持つ。

illustration - イラスト -

illustration
MEMO

what's new - 新着情報 -

  • 2019.09.13 Aboutを更新しました。
  • 2019.08.20 illustを2枚更新しました。
  • 2019.08.17 サイト開設しました。